[Reclip]

いろんなことに目を向けて、昨日と違う今日にしたいね。

え?おじさんっていう魚?おばさんも、ババァもいるの?

f:id:noanax:20180912232803j:plain

ほんとなんです。 「おじさん」という名前の魚は実在します。 「おばさん」「ババァ」という呼び名の魚がいるのも嘘ではありません。

知る人ぞ知る高級魚「おじさん」

おじさんは、駿河湾から南の熊本県、鹿児島県、東インド洋で穫れます。 水深140mのサンゴ礁域に生息しているスズキ目ヒメジ科の魚です。獲れ高が大衆魚に比べて少ないせいか、値段はお高めです。

f:id:noanax:20180912233115j:plain

きれいな赤色系の魚ですね。大きさは成魚で25センチほどとのことです。 刺し身にすると、カサゴのようなおつな味がするとのことで、現地の漁師に愛されている魚です。一般の家庭では、あまり普及していませんが、料亭の高級料理でお目にかかれたりします。

こんなきれいな魚、食べるなんてもったいないという人もいます。飼育魚としては、一般的なんですね。飼うのは、そんなにむずかしくなく、普通の海水魚として飼育できるそうです。

なんで「おじさん」という名前なのかというと

f:id:noanax:20180912233737j:plain

立派な髭を蓄えているから。 かわいい容姿なのにちょっとかわいそうなネーミングにも思えます。

おばさんは、千葉で呼ばれている鮫の相性

オバサンは、魚ではなく鮫です。

f:id:noanax:20180912233841j:plain

メジロザメ科ヨシキリザメ属のヨシキリザメと呼ばれる、世界中で収穫されるポピュラーな鮫です。日本近海でも漁獲されていて、千葉県ではこの鮫は昔から「おばさん」って呼んでいたそうです。

日本では最も水揚量が多い鮫で、かまぼこやはんぺんといった魚肉練り製品の材料として大量に使われているそうです。知らずのうちにこのおっかない顔の鮫を食べ続けてきたということですね。

なんで「おばさん」と呼ばれるようになったかは不明。 顔が怖いだけではなく、時には人を襲うこともあるそうで、泳いでいる時近づいてきたら要注意の鮫です。

だから?なんて失礼なことは僕は言いませんが・・・。

ババァは、おいしいことで親しまれてきた魚

ババァの正体は、日本の北部に生息するスズキ科の魚です。 タナカゲンゲというのが一般名称。 全国各地で漁獲され、地方地方でさまざまな呼ばれ方をされています。 ババァの名で親しまれているのは、島根県や鳥取県で、スーパーマーケットでもババァで値札がついて売られています。

f:id:noanax:20180912234008j:plain

見た目はいかつい。でも、味は絶品。おいしい魚として、いろいろな料理に使われています。

ババァと呼ばれるゆえんは・・・顔を見ればわかりますね。

f:id:noanax:20180912234028j:plain

まとめ

おかしな呼び名の魚は、決まって地元で愛され親しまれている魚たちでした。

ちょっと乱暴な名前にも聞こえますが悪口ではなく、愛されてきたがゆえの親しい呼びかけだったんですね。